お金 借りる 即日 安心

MENU

お金 借りる 即日 安心

在籍確認はすべての場合に行われるということでもありません。
消費者金融によって対応が異なります。
例えば即日融資を希望して申し込みをしても、休日等で在籍確認が行えない場合などの対処方法も用意されています。

 

消費者金融は貸金業であり、貸金業法に基づいた運営を行っています。
貸金業法には総量規制があります。
消費者金融で借り入れをするときには、総量規制に従って収入証明書類を提出しなければならないラインが決められています。
消費者金融で借り入れをするとき、必要になる書類は基本的には本人確認書類だけとなっています。
申し込みに準備が少ないこと、それもまた消費者金融の大きな特徴です。

 

借入金額が50万円、100万円を超えるようなものでなければ、消費者金融に申し込みをするときに必要な書類は本人確認書類のみとなっています。
本人確認書類として認められているのは、運転免許証です。
運転免許証の交付を受けていない時には、保険証かパスポートが本人確認書類となります。

 

消費者金融は、申し込み時に用意する書類が少ないため「気軽なキャッシング」とも呼ばれているのは、その理由です。
2010年に施行されたばかりの新しい法律です。
貸金業法が改正されたことによって新たに作られた総量規制は、私たち利用者にとって身近な法律であり知っておかなければならない法律でもあります。
消費者金融に申し込みをしたとき、少額であれば総量規制に抵触する心配は少ないものです。

 

しかし、金額が大きくなればなるほどその可能性が出てきます。
総量規制では一定の借り入れ金額に達した場合には、収入証明書類の提出を必要としています。
社会問題にもなった多重債務を覚えているでしょうか?

 

個人が複数の貸金業から借入をすることによって返済が困難な状況に陥ってしまう状態を多重債務といいます。
もちろん借り入れをし過ぎてしまった個人にも大きな問題はあります。
しかし、貸した消費者金融にも大きな問題はありました。
この時、収入証明書類が必要になります。
個人信用情報機関に照会して他社からの借り入れ金額を確認しているため、確実に求められる書類となっています。

 

新規申込みだけではありません。
「借入残高が10万円以上ある場合には、3か月に一度個人信用情報機関に照会すること」が決められています。
そこで他社からの借り入れ金額が増え、100万円を超すようであれば収入証明書類の提出が必要となります。返済能力を超えた過剰貸し付けです。

 

消費者金融から個人が借り入れる金額を抑え、さらに消費者金融が個人に貸し付ける金額を制限する、それが総量規制です。
「貸金業から個人が借り入れる金額の上限は年収の3分の1まで」と決められています。